車オタク.com

・レジェンド

ホンダはエンジン性能は良いってよく聞きますよね?
調べてみると本当らしいですよ♪ホンダに魅力を感じましたね。 ホンダはエンジンが独特で、エンジンの回転が逆回転と言うのは有名な話だそうです。エンジンにおいては国内メーカーの中では、ずば抜けた技術力があるらしいです。すごいですね〜。
しかし、エンジンが独特なので整備・設備の面では他社と比べて、やりにくい・難しい!!

続いてはホンダの「レジェンド」です。結構、街走っていますよね〜。レジェンドは結構歴史が深いです。わたしが好きなレジェンドは、3代目の後期モデルですね(´∀`*)
カスタムされているのを最近はよく目にします。今度じっくり見て見たいと思います。


初代 レジェンド

1985年10月に発売。アコードをベースに作られた。ホンダとしては始めてV型 6気筒エンジンを搭載。モデル後期には、世界初となるFF車用駆動制御システムが搭載された。

2代目 レジェンド

オプションでサンルーフ・レザーシート・ホンダナビゲーションシステムをつけた。1993年にマイナーチェンジ。

3代目 レジェンド

装備品が、先代レジェンドに比べ質が落ちた。ヘッドレストも電動から手動になったり、レザーインテリアは安全性やコストダウンのため無くなった。1998年にマイナーチェンジ。

ヘッドライトも大きく存在感あるデザインになり、フロンとグリルも逆三角形のような形に変化し、フロントバンパーに食い込む感じのデザインになった。フロンとバンパーも鋭くなってて、非常にカッコイイ。

4代目 レジェンド

2004年4月に発売。駆動系が優れており、新開発された四輪駆動「SH-AWD」が搭載された。2004年ー2005年「日本カーオブザイヤー」でも受賞された。

・アコード

アコードは日本離れした外観が魅力的なホンダの車です。ローダウンにメッキホイールや、ワイヤーホイールを履かすだけでも「ローライダー」見たいに見えたりもするんです♪(根っからのローライダー好きさんゴメンなさい´`;;)ローライダーや、LUGカスタムのベースカーとして人気のある車です!!

初代 アコード(1976〜1981)

1976年に3ドアハッチバックタイプで発売。

2代目 アコード(1981〜1985)

フルモデルチェンジ。1982年 11月に一部変更

3代目 アコード(1985〜1989)

足回りでは、サスペンションがスポーツカーに搭載している「四輪ダブルウィッシュボーン」をFF車として初めて搭載した。

4代目 アコード(1989〜1993)

初代から続いていた3ドアハッチバックタイプがなくなった。

5代目 アコード(1993〜1997)

この型は「3ナンバーボディー」になった。ローライダーや、ラグ仕様のベースカーとして人気がある型。

6代目 アコード(1997〜2002)

5ナンバーサイズのミドルセダン。 姉妹車は「トルネオ」

7代目 アコード(2002〜2008)

5代目以来の3ナンバーボディーになった。アコードとして3回目の「日本カーオブザイヤー」を受賞

8代目 アコード(2008〜・・・)

現行型アコード。6つのエアバッグが標準装備されていて、安全面でも優れている。

recommend

バンドTシャツ

Last update:2017/7/31